NaritaAirportBasser21NaritaAirportBasser21

2008 SEASON TOURNAMENT 4th STAGE 結果

(日)[印旛沼]

2008 SEASON TOURNAMENT 4th STAGE

試合概要

8月31日(日)SEASONTOURNAMENT 4thSTAGEは前回の3rdSTAGEと同様に連日の豪雨により沼は濁流に犯され、開催が危ぶまれるほど増水し、超がつくほどのタフコンデショんとなった。まともにプラクティスを行えない選手が多く、釣りができたとしてもその結果は散々足るものだった。
そんな今大会を制したのはNAB21だけでなく、いまや印旛沼のトーナメント全てにおいて安定した成績を残している04・05年度と2年連続アングラーオブザイヤーを獲得している石井賢二選手。比較的良い水が残っている新川に賭ける選手が多く、流入河川も潰れていると判断した石井選手は甚兵衛広沼をメインに1,800gのビックフィッシュと900gの2匹のキーパーをキャッチ。その後、水の回復を期待した鹿島川でリミットメイクに成功し、 NAB21で6回目の優勝を果した。

今回はウエイン時にBASSエリートシリーズのレイクエリー戦で見事優勝を飾り、次のバスマスタークラシックまで一時帰国している桐山プロが豪華商品を手に駆けつけてくれて、表彰式後ジャンケン大会を行い大いに盛り上がった。


2008 SEASON TOURNAMENT 4th STAGE 結果

順位No.名前重量尾数PTetc.
1 4 石井賢二 3,150g 3 30pt  
2 29 針谷剛 2,020g 3 29pt  
3 13 雷蔵 1,880g 3 28pt  
4 77 西村秀勝 1,590g 2 27pt  
5 75 阿部祐明 1,450g 2 26pt  
6 22 八木賢一 1,440g 2 25pt  
7 6 桜井健一朗 1,170g 1 24pt  
8 16 蓮香朋宏 1,110g 2 23pt  
9 38 石川忠幸 980g 1 22pt  
10 7 川嶋久司 960g 1 21pt  
11 72 村瀬輝久 820g 2 20pt  
12 39 中村孝宏 800g 1 19pt  
13 71 山添大介 790g 1 18pt  
14 30 寺田隆志 560g 1 17pt  
15 54 谷田川晃 470g 1 16pt  
16 55 神田俊一 460g 1 15pt  
17 41 堀宏 450g 1 14pt  
18 21 糟谷正治 410g 1 13pt  
19 25 岩橋恭一 400g 1 12pt  
20 1 堀内恭 340g 1 11pt  
n 2 高木匡一 0g 0 5pt  
n 3 青柳泰之 0g 0 5pt  
n 5 伊藤史拓 0g 0 5pt  
n 9 大井剛史 0g 0 5pt  
n 11 吉田裕樹 0g 0 5pt  
n 12 渡辺憲道 0g 0 5pt  
n 14 福田成正 0g 0 5pt  
n 15 浜中剛 0g 0 5pt  
n 17 大石行康 0g 0 5pt  
n 18 糟谷文重 0g 0 5pt  
n 24 平山晋市 0g 0 5pt  
n 26 斉藤寛之 0g 0 5pt  
n 31 茅根雄一郎 0g 0 5pt  
n 33 田辺貴志 0g 0 5pt  
n 35 奥山彰 0g 0 5pt  
n 40 松本貴之 0g 0 5pt  
n 42 荻野均 0g 0 5pt  
n 44 石山隆行 0g 0 5pt  
n 45 田崎哲也 0g 0 5pt  
n 46 林芳樹 0g 0 5pt  
n 47 武田健作 0g 0 5pt  
n 48 早川純一 0g 0 5pt  
n 50 加茂研司 0g 0 5pt  
n 51 文屋順一 0g 0 5pt  
n 52 滝沢敏夫 0g 0 5pt  
n 58 吉田治 0g 0 5pt  
n 59 仲田正和 0g 0 5pt  
n 60 石渡紀幸 0g 0 5pt  
n 62 國島慎一郎 0g 0 5pt  
n 63 田中伸明 0g 0 5pt  
n 66 川西修 0g 0 5pt  
n 69 宮本敦之 0g 0 5pt  
n 73 大井茂 0g 0 5pt  
n 74 石原由貴男 0g 0 5pt  
n 76 古畑直久 0g 0 5pt  
n 78 菊地直樹 0g 0 5pt  
n 80 栗原勲 0g 0 5pt  
n 81 牛尾大介 0g 0 5pt  
n 84 EricThomas 0g 0 5pt  
n 91 西館一二三 0g 0 5pt