NaritaAirportBasser21NaritaAirportBasser21

2016 SEASON TOURNAMENT 2nd STAGE 代替戦 結果

(日)[印旛沼]

2016 SEASON TOURNAMENT 2nd STAGE 代替戦

試合概要

4月の荒天で試合が流れた2nd STAGEの代替戦となったこの日。8月半ばから台風が毎週のようにやってくる状況で近日30日間で雨の日が26日と、ほぼ日差しがなかった印旛沼で、大会当日も台風崩れの秋雨前線の影響で雨が降ったり止んだり、強めの突風混じりの南風が吹く状況だった。
しかし、この天候が魚達にはいい影響だったのか、参加者42名中ウエインが38名と、9割を超えたウエイン率はシーズントーナメント史上初の状況で、500gサイズが多く、如何にその上の魚と出会えるかが勝負となった。

そんな中、堀選手が、西部本湖で魚の平均重量が他に比べて重いと踏み、本湖西岸や南岸をテキサスリグやチャター系ベイトで3尾2,960gを獲り、僅差ながらも混戦を抜け出し12年振り2回目の優勝を手にした。

2位には、船戸周りでキッカーをラバージグのスイミングで獲り、新川でリミットメイクした早川選手。3位には甚兵衛広沼の最奥を攻めた高木選手。4位に新川護岸+アルファを狙い、3戦連続お立ち台となった桜井選手。5位に新川と手繰川を攻めた大井選手と続いた。


2016 SEASON TOURNAMENT 2nd STAGE 代替戦 結果

順位No.名前重量尾数PTetc.
1 18 堀宏 2,960g 3 30pt  
2 53 早川純一 2,850g 3 29pt  
3 3 高木匡一 2,840g 3 28pt  
4 5 桜井健一朗 2,820g 3 27pt  
5 17 大井茂 2,710g 3 26pt  
6 31 石川忠幸 2,550g 3 25pt  
7 2 糟谷文重 2,520g 3 24pt  
8 11 宮川晃一 2,520g 3 23pt  
9 10 石井賢二 2,410g 3 22pt  
10 19 折金一樹 2,250g 3 21pt  
11 43 鴇田啓幸 2,120g 3 20pt  
12 8 西村秀勝 2,010g 3 19pt  
13 13 浜中剛 1,980g 3 18pt  
14 15 川西修 1,970g 3 17pt  
15 6 山添重喜 1,910g 2 16pt  
16 7 磯野清 1,860g 3 15pt  
17 67 大村敏雄 1,830g 3 14pt  
18 1 山添大介 1,810g 3 13pt  
19 14 堀内智明 1,760g 3 12pt  
20 33 小池秀雄 1,630g 3 11pt  
21 9 福田成正 1,580g 3 10pt  
22 12 奥山克宣 1,560g 3 9pt  
23 37 古畑直久 1,420g 3 8pt  
24 20 林秀行 1,390g 3 7pt  
25 42 伊田孝史 1,220g 3 6pt  
26 34 中川淳 1,210g 3 5pt  
27 22 石原由貴男 1,140g 2 5pt  
28 54 仲田正和 1,130g 1 5pt  
29 52 三沢成彦 1,070g 2 5pt  
30 16 糟谷正治 920g 2 5pt  
31 39 石渡紀幸 460g 1 5pt  
32 68 斎藤大介 450g 1 5pt  
33 4 堀内恭 410g 1 5pt  
34 23 大石晃裕 410g 1 5pt  
35 29 高橋敬二 410g 1 5pt  
36 40 高橋秀樹 380g 1 5pt  
n 27 荻野均 0g 0 5pt  
n 45 星勝納 0g 0 5pt  
n 46 文屋順一 0g 0 5pt  
n 49 石山隆行 0g 0 5pt  
41 32 木村信昭 -130g 1 5pt 1尾ノンキーウエイン
42 36 滝沢敏夫 -580g 1 5pt 1尾ノンキーウエイン